『柏崎刈羽原発の閉鎖を訴える科学者・技術者の会』
Group of Concerned Scientists and Engineers Calling for the Closure of the Kashiwazaki-Kariwa Nuclear Power Plant



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



問い合わせ先

kkheisa
〒160-0004 東京都新宿区四谷1-21
戸田ビル4階
「柏崎刈羽原発の閉鎖を訴える
科学者・技術者の会」
事務局:菅波 完
携帯 070-5074-5985
info@takagifund.org



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



RSSフィード



1/31 新潟での講演集会「柏崎刈羽原発再稼働を問う}のお知らせ

以下の通り、「柏崎刈羽・科学者の会」の主催により、1月31日に、新潟で後援集会を開催します。ぜひご参加下さい。 チラシのデータをダウンロードする

講演集会 : 柏崎刈羽原発再稼働を問う 
2015年1月31日(土) 
新潟市万代市民会館多目的ホールにて


※ やむを得ない事情で発表者の変更がありましたのでご注意下さい。※

柏崎刈羽原発の6、7号機を再稼働させようという動きが、さかんに伝えられています。
東京電力は、1月22、23日に行われる柏崎市と刈羽村の全員協議会で、再稼働に向けた準備状況を報告する予定です。

東京電力は、新潟県にも新潟県民にも何の相談もなく、6、7号機にフィルターベント装置を設置し、2013年9月、原子力規制委員会に再稼働のための適合性審査を申請しました。原子力規制委員会は現地調査を何回かおこなっています。

しかし、柏崎刈羽原発の直下には、たくさんの断層群が見つかっており、最近のボーリング、トレンチ、立抗などの調査によって、原発敷地と周辺の地質・地盤が、原発運転の条件に適合しない疑いはますます強くなってきました。

そもそも3年10ヶ月前の福島第一原発事故については、地震と津波の影響をはじめ、未だに判らないことだらけです。新潟県の技術委員会では2013年10月から、6つの課題にしぼって福島原発事故の原因の究明を議論してきました。国会事故調が残した問題を新潟県の技術委員会で取り上げて議論しているのです。新潟県の泉田知事は、福島原発事故の原因解明と総括なしには再稼働の審議に入ることはない、との姿勢を明らかにしていますが、当然のことだと思います。

今回の集会では、新潟県技術委員会でのこれまでの議論をふまえ、地元のみなさんからの報告などを受けて、あらためて、柏崎刈羽原発をめぐる様々な問題を浮き彫りにしていきたいと考えています。

※ なお、当初、この講演集会で、田中三彦さん、石橋克彦さんにご参加いただくことをお知らせしていましたが、やむを得ない事情により、お二人はご欠席となりました。 変更後のプログラムについては下記をご覧ください。

  日 時 : 2015年1 月31 日(土)13時30 分~17時10 分
  会 場 : 新潟市万代市民会館多目的ホール(新潟駅から徒歩7分)
         新潟市中央区東万代町9-1(TEL:025-246-7711)
  参加費 : 無料
  主 催 : 柏崎刈羽原発の閉鎖を訴える科学者・技術者の会
  共 催 : エコロジーショップみずすまし、柏崎刈羽原発反対地元三団体、
      柏崎刈羽原発を考える上越隣接市民の会、原子力防災を考える
      長岡市民の会、原発からいのちとふるさとを守る新潟県民の会、
      原発をなくす新潟県連絡会、さようなら柏崎刈羽原発プロジェクト、
      さようなら原発上越地域連絡会、上越地区平和環境労働組合会議、
      脱原発新潟県弁護団、脱原発をめざす新潟市民フォーラム、
      東電・柏崎刈羽原発差止め訴訟原告団、東電・柏崎刈羽原発差止め
      市民の会、新潟YWCA (50音順)
  問い合わせ : E-mail:kk-heisa@takagifund.org TEL:070-5074-5985(菅波)

  <プログラム>

  < 13:30 開会>

◯ 開会挨拶・趣旨説明 ・・・・・・
    井野博満(柏崎刈羽原発の閉鎖を訴える科学者・技術者の会)

◯ 新潟県技術委員会で議論していること ・・・・・・
    山口幸夫(原子力資料情報室)

◯ 柏崎刈羽原発の地質・地盤調査問題 ・・・・・・
    武本和幸(原発反対刈羽村を守る会)
    大野隆一郎(荒浜砂丘団体研究グループ)

◯ 柏崎刈羽原発のフィルターベントによる住民の被ばく ・・・・・・
    金子貞男(原子力防災を考える長岡市民の会)

  < 休 憩 >

◯ 柏崎刈羽原発の地元からの報告と全体ディスカッション ・・・・・・
    訴訟原告・弁護団、共催団体等からの発言・会場参加者からの発言など

◯ 閉会の挨拶 ・・・・・・
    菅波完(柏崎刈羽原発の閉鎖を訴える科学者・技術者の会)

  < 17:10 閉会>

※講演者・テーマは事情により変更されることがあります。予めご了承ください。

原発「新安全基準」についての記者会見
この記事はブロとものみ閲覧できます


8/30-31「福島原発で何が起きたか―安全神話の崩壊」 シンポジウムについて
この記事はブロとものみ閲覧できます


7月30日(月) 院内集会「ストレステスト・再稼働問題の徹底検証」
この記事はブロとものみ閲覧できます


8/30-31「福島原発で何が起きたか―安全神話の崩壊」 シンポジウムのお知らせ
この記事はブロとものみ閲覧できます