『柏崎刈羽原発の閉鎖を訴える科学者・技術者の会』
Group of Concerned Scientists and Engineers Calling for the Closure of the Kashiwazaki-Kariwa Nuclear Power Plant



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



問い合わせ先

kkheisa

kkheisa
〒160-0004 東京都新宿区四谷1-21
戸田ビル4階
「柏崎刈羽原発の閉鎖を訴える
科学者・技術者の会」
事務局:菅波 完
携帯 070-5074-5985
info@takagifund.org



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



RSSフィード



週刊朝日 9/7号
もう一つ、重要な記事の紹介です。

これも先週ですが、週刊朝日(9/7号)に、呼びかけ人の一人である田中三彦さんと原子炉メーカーの現役設計技術者、広瀬謙介さん(仮名)の対談記事が掲載されています。これも必読です。

この記事の後半で、広瀬さんは、「実は、工学的に安全性を厳密に確保しようと考えると、私はもう日本で原子力プラントが出来ないんではないかと思っているんです。安全性の確保というのは、壊れなかったから安全、じゃないんです。今回は運良く壊れなかっただけかもしれない。壊れたときは、これはもう間違いなく危険が証明されます。」と述べています。

これこそが、自らの関わる技術に対する、誠実な姿勢ではないでしょうか。

「東京電力が安全だと言えば言うほど、地元の住民は不安になる。」と言ったのは、新潟県の斎田危機管理監ですが、地元住民の原発不信は、技術や技術者に対する不信でもあります。

この対談記事の中で、田中三彦さんは、「原発メーカーの人間がちゃんと表に出て、損傷の議論にきちんと応じたら良いんじゃないかと思うんですが。」と問いかけていますが、これに対して広瀬さんはこう答えています。
「それは、原子力に関わっていると、とても許される状況ではないんです。たぶん言ったとたんに排除されるだろうと思います。電力会社はお客さんなので、われわれにとっては絶対的な存在です。」

このような関係性の中で、本来何よりも重要なはずの安全性の議論がうやむやにされているところに、この問題の根深さを感じます。

今回の問題をきっかけに、現場の技術者が、本当の意味での技術者倫理に基づいて発言できるように、悪しき業界構造に風穴を開けるきっかけにしたいものです。








週刊ダイヤモンド 9/1号
このところ、新聞や週刊誌などで原発問題の特集が増えています。

中でも、先週の週刊ダイヤモンドは、32頁もの大特集を組んでいます。

特集の後半には、(この雑誌の性格上、仕方がないと言えばそれまでですが、)世界的な原発ビジネスの広がりについて、非常に楽観的に書かれていたりしますが、我々の呼びかけ人である石橋克彦さんへのインタビュー(「日本のほぼ全域が地震活動期/新耐震指針も見直し必要」)が掲載されていますし、「(原発の)安全係数を余裕と勘違いしている人があまりに多い」という田中三彦さんのコメントも載っています。

その田中さんのコメントに続く、Q&Aのコーナーの最後の問いは、「柏崎刈羽原発は今後どうなるのか」というものですが、その答えで「多くの機器が脆弱化しているようだと、廃炉という選択を取る必要も出てくるだろう。」と述べ、まさに我々が声明で訴えたように、「廃炉」を視野に入れていることは重要です。

一方、今回の柏崎刈羽原発について、東京電力が「年内に一基再稼働」を目論んでいるという話が、大きく取り上げられていることは、見過ごせない問題です。(いわゆる観測気球?)

さらに、特集の最後に甘利大臣のインタビューを持ってきて、「原子炉本体の建屋は岩盤まで根を下ろしており、地球上に存在するすべての建築物の中で最強であることは間違いない。」とか、「加工から再処理まで、核燃料サイクルをほぼ自国で完結させることができる。」などという”大本営発表”をたれ流しにしていることは、悪質と言わざるを得ません。

それらの点は注意が必要ですが、要チェックであることは間違いありません。