『柏崎刈羽原発の閉鎖を訴える科学者・技術者の会』
Group of Concerned Scientists and Engineers Calling for the Closure of the Kashiwazaki-Kariwa Nuclear Power Plant



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



問い合わせ先

kkheisa
〒160-0004 東京都新宿区四谷1-21
戸田ビル4階
「柏崎刈羽原発の閉鎖を訴える
科学者・技術者の会」
事務局:菅波 完
携帯 070-5074-5985
info@takagifund.org



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログ内検索



RSSフィード



原発設置審査における活断層評価の特殊性・・・渡辺満久さんのレポート

東洋大学教授で「柏崎刈羽・科学者の会」のコアメンバーでもある渡辺満久さん(変動地形学)のレポートが、原子力資料情報室のサイトに掲載されています。島根原発、志賀原発、敦賀原発、そして柏崎刈羽原発など、活断層などを無理矢理短く、小さく評価していることを厳しく指摘しています。

下記のリンクからアクセスできますので、ぜひご覧下さい。


『原子力資料情報室通信』403号(2008/1/1)より
連載 地震と原発⑧
原発建設における特殊な活断層評価―変動地形学の視点から[渡辺満久]


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://kkheisa.blog117.fc2.com/tb.php/24-edbc51f2